和dining 清乃【8】トリプルチャーシュー麺&中華そば ☆箕島

自然派ラーメン 神楽×
和dining 清乃

258_2014022101303497c.jpg

原田店主が
おやっさんと慕う
神楽の宮本店主との
師弟コラボが
ついに実現!!



昨年
神楽さんにおうかがいした時
宮本店主から明かされた
衝撃のビックイベント

216_20140221012146598.jpg

ついにその日がやってきましたので
今日(2/16)は
dining 清乃
に行ってきました



金沢からいらっしゃったのは
宮本店主とスタッフの北さん

251_2014022101242715e.jpg

そして
食材はもちろんのこと
神楽さんで使われている器や


247_20140221004554bd2.jpg256_201402210045575cf.jpg250_2014022100455699d.jpg

お品書きまで持参されて
店内は
神楽さんムードでいっぱいです


257_20140221012428854.jpg220_201402210121487f4.jpg

そしてこちらが
本日のメニューで


218_20140221012147033.jpg

神楽さんの
限定ボードも
しっかり再現されています


さっそくオーダーを済ませ

242_20140221012426f0b.jpg

ピーンと緊張感が張り詰める
厨房を眺めながら
しばらく待っているとこちらがやってきました


【トリプルチャーシュー麺】

225_20140221012625d9d.jpg

ここはやはり
神楽さんでは欠かすことができない
3種類のチャーシューを
味わうことができる

トリプルチャーシュー麺をチョイス!!

そして
宮本店主が6対4でオススメする
醤油でいただくことにしました


253_2014022101262732e.jpg223_20140221012624343.jpg

具材は
三つ葉、ネギ、海苔
そして
3種類のチャーシューが
別皿で提供されます

実は
炭火焼き鴨チャーシューは
現在神楽さんでは提供されていない
とても貴重なものなんです



228_20140221013033c03.jpg

ではではさっそくスープをいただくと
鶏と豚骨ベースに
魚介を引き立たされた
とてもクリアな旨みのスープは
まろやかな醤油の風味が
ふわっと舌の上で広がって

これは旨いですね~♪♪

インパクトよりも
トータルバランス重視で
徐々にスープに引き込まれていく感じは
神楽さんの真骨頂で
ここ和歌山でも
忠実に再現されています



226_20140221013031a9e.jpg

そんなスープに合わさるのは
もちろん
神楽さんの
手打ち式自家製麺

足踏みと寝かしを繰り返し
仕上げに手揉みを加えた
中太縮れ麺は
モチモチとした食感で
噛みしめるたびに
小麦の風味を楽しむことができます


230_20140221013321ee4.jpg231_201402210133229cf.jpg

別皿で提供された
炭火焼きチャーシューと
真空調理チャーシューは
一枚目はそのままで
二枚目は
スープに浸していただきました


229_201402210133206e1.jpg

炭火焼き鴨チャーシューは
しっとりとした食感で
クセもなく
濃厚な肉の旨みがたまりませんね


222_201402210135241a2.jpg

ラーメンと共にオーダーした
本日のおまかせ丼は
ブリのお造り丼

ブリの旨みはもちろんのこと
ご飯の炊き加減がバツグンなんです
これで300円とは
本当に驚きの価格ですよね


233_20140221013323e9e.jpg234_201402210133245ee.jpg

タイミングが良ければ
チャーシューの切れ端が購入できるのは
神楽さんと同様で
大盤振る舞いのサービスです



大満足でお店を後にしようとしましたが
隣で食べていた麺友さんの
塩スープを一口いただいて

235_20140221013526b89.jpg

居ても立っても居られずに
気付けば
再び列に並んでいました(笑)


そしてもちろん
塩でオーダーしたのはこちらです


【中華そば】

239_20140221013527640.jpg

先程の赤い器もかっこよかったですが
こちらの青い器も
落ち着いた雰囲気でいいですね~



241_201402210135308ef.jpg

ではではさっそくスープをいただくと
先程の醤油よりも
インパクトが強いんですが
貝や煮干しなどの
魚介の旨みを
ダイレクトに感じることができて
これも旨いですね~♪♪

宮本店主のオススメ通り
ゆっくりといただくと
スープの温度が下がるにつれて
どんどん旨みが増していくのが

ハッキリと感じることができるんです



2杯目でしたが
スープも最後までしっかり堪能して
自然の恵みを
享受させていただきました




252_201402210137226d6.jpg245_20140221013721ecb.jpg

宮本店主と原田店主の
東西二大巨匠による
スペシャルコラボは

ラーメンに対する
新たな境地への誘いで
本当にすばらしいものでありました



244_201402210137202b8.jpg

和歌山県有田市野696
TEL/0737-83-4447
236_20140221013718ff2.jpg


ブログランキングに参加しています
↓↓↓気に入っていただければ1クリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらもお願いします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆ひろ

Author:☆ひろ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
☆お知り合い☆
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR